新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市の水上公園や
南郊客運站(駅)、遊園地を観光旅行した時の写真、動画、情報、旅行記を掲載

中国旅行画像サムネイル

中国旅行記@2008 ~新疆ウイグル(維吾爾)自治区、ウルムチ(鳥魯木斉)とアクス(阿克蘇)観光

鳥魯木斉(ウルムチ)の観光と、維族 ウイグル族が過半数を占める、阿克蘇 アクス市という地域色の濃い都市を観光した時の写真や動画、旅行記を掲載。

ここでは阿克蘇(アクス)へ行くために南郊客運站へ行った時の写真等を掲載。

新疆ウイグル自治区、ウルムチとアクス(阿克蘇)観光

鳥魯木斉(ウルムチ)市内は空気と水がきれいで、観光地でなくても道がちゃんと整備されて快適に観光が出来ました。ウルムチ市内は家電店や映画館、雑貨屋や服飾店などがたくさんあり、普通に発展している都市です。


デジカメはSANYOのXacti C4と、Windows Mobile携帯、EMONSTER S11HTを使ってます。


ウルムチ(鳥魯木斉)、友人宅のある阿勒泰(アルタイ)路付近の風景

とまとじゅーす的中国旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内の阿勒泰路のマンション側の丘 翌朝、阿勒泰 アルタイ路の脇にあるマンションの丘からの風景 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内の阿勒泰路のマンション側の丘。古いレンガ造りのトイレらしき建物跡

翌朝、ウルムチ阿勒泰(アルタイ)路の傍にあるマンションの丘から眺めた風景。丘の上には古いレンガ造りのトイレらしき建物跡がありました。もしかしたらトイレではなく見張り台だったのかも?


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)市内観光。阿勒泰路のマンション側の丘から眺めたすがすがしい鳥魯木斉(ウルムチ)市と天山山脈の朝の風景 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)市内の阿勒泰路のマンション側の丘。朝早くおじさん達がここらで散歩や運動していた

すがすがしい鳥魯木斉(ウルムチ)市と天山山脈の朝の風景!朝早くおじさん達がここらで散歩していました。


ウルムチ(鳥魯木斉)観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内の阿勒泰路のマンション側の丘から朝の鳥魯木斉(ウルムチ)市内を一望。砂漠の大都会 ウルムチ(鳥魯木斉)観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内の阿勒泰路のマンション側の丘からLOMO Fisheye2で撮影

朝の砂漠の大都会、鳥魯木斉ウルムチ)市を一望。LOMO Fisheye2で撮影した鳥魯木斉(ウルムチ)の日の出風景。


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)市内の阿勒泰路のマンション側の丘。太陽が昇る鳥魯木斉(ウルムチ)市内の東側。天山山脈と砂漠の間にある大都会です

太陽が昇るウルムチ(鳥魯木斉)市内の東側。天山山脈と砂漠の傍にある大都会ウルムチ。中国なのに空気よすぎw


ウルムチ(鳥魯木斉)観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内の阿勒泰路のマンション側の丘。朝日をLOMO Fisheye2(ロモ フィッシュアイ2)で撮影 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内の阿勒泰路のマンション側の丘。寝起きで髪ぼさぼさだけど阿勒泰(アルタイ)の丘で記念撮影

朝の鳥魯木斉(ウルムチ)の東側を魚眼レンズ搭載のトイカメラLOMOFisheye2で撮影。寝起きで髪ぼさぼさだけど阿勒泰の丘で記念撮影。兎にも角にも朝日を浴びてすがすがしい気分になったのです。


とまとじゅーす的中国旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内観光編。阿勒泰路のマンション側の丘から北側を撮影。高い建物がない 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)市内の阿勒泰(アルタイ)路のマンション側の丘の上。ここのレンガの穴から朝の運動をする為に住人が出入りしていた

鳥魯木斉ウルムチ)市内の北側を撮影。高い建物がないですねw ここから朝の運動をする為に住人が出入りしてた。


鳥魯木斉(ウルムチ)市、生活覚書

鳥魯木斉ウルムチ)は他の中国の都市と違い、空気がからっとしていてきれいです。

塵があまりなくて空気が清々しい。また、もとても冷たくてきれいでびっくり。天山山脈雪解け水を使っているので、他の中国の都市よりは断然きれいなのだと思う。

そのせいなのか、料理も旨い! 個人的に観光旅行、住むのにもおススメの都市です。

ウルムチ(鳥魯木斉)をまったり観光

とまとじゅーす的中国旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内観光編。バスで市内へ移動。バスの中の写真。 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内観光編。朝は出勤でタクシーが少なく30分マンションの下で待っても来なかった

まずは帰りの寝台列車の切符を買って、その後高速バスで友達とアクス(阿克蘇)へ行く事にしました。とりあえずバスで市内へ移動。これはバスの中の写真。朝は出勤でタクシーが少なく30分以上マンションの下で待っても来なかった。


ウルムチ(鳥魯木斉)観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)のバザール付近。朝食を作るウイグル族 ウルムチ(鳥魯木斉)観光旅行記@維族(ウイグル族)のおじさん。炭焼きコンロ古すぎ

とりあえず鳥魯木斉ウルムチ)のバザール付近で下車。朝食を作るウイグル族をちらほら見かけた。こちらもウイグル族(維族)?のおじさん。とても古い炭焼きコンロが印象的だったな。。


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)市の繁華街。大きな家電店街もある 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@何族か不明だけど、露天で民族工芸品を売ってるおばさん

ここは鳥魯木斉(ウルムチ)市の繁華街。大きな家電店街などもあります。歩道橋の上では何族か不明だけど、民族工芸品を売ってるおばさんがいた。意外と露店をしている人は少なかったですね。


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)は空気きれい。澄んだ空と澄んだ空気と澄んだ水。中国で一番住みたいと思った街。LOMO Fisheye2で撮影したウルムチ市内の繁華街 

くどいけど、ウルムチ(鳥魯木斉)は空気がきれい。澄んだ空と澄んだ空気と澄んだ水。中国で一番住みたいと思った街。


とまとじゅーす的中国旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)市内観光。早めに鳥魯木斉(ウルムチ)から上海へ帰る寝台列車の切符を購入 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@帰りの寝台列車はT54次の列車で、下の寝台を確保!テーブル使える

ウルムチの中心部で見つけた切符販売の代理店で、鳥魯木斉(ウルムチ)から上海へ行く寝台列車の切符を購入。帰りはT54次という寝台列車で、下の寝台を確保!下の寝台だとテーブルが使えるのです。


ウルムチ(鳥魯木斉)観光旅行記@昼食は中国のどこかの地方の特産料理を食べた。牛肉の何かを炒めたもの 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内観光。昼食は中国のどこかの地方の特産料理を食べた。ほうれん草の炒め物

しばらく友人とふらふらとウルムチの中心部を観光していたらお昼になったので、昼食を食す。友達おすすめの中国のどこかの地方の特産料理を食べた。左は牛肉の何かを炒めたもの。右はほうれん草の炒め物です。


ウルムチ(鳥魯木斉)観光旅行記@世界で一番内陸にあるウルムチで海草スープを食す 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記いよいよアクス(阿克蘇)市へ向けて出発します

世界で一番内陸部にある都市、ウルムチで海の幸である海草スープを食す。味はまぁまぁかな。。さて、その後、この南郊汽車站という長距離バスターミナルへタクシーで移動! ここから阿克蘇(アクス)へ向けて観光へ出発します。


アクス(阿克蘇)へ観光旅行へと高速バスで出発!

阿克蘇(アクス)へは列車でも行けますが、新疆ウイグル自治区は意外と高速道路が整備されているので高速バスで行く方が早くて快適です。水上公園の側にある長距離汽車站(長距離バスターミナル)の「南郊客運站」から毎日出ています。もちろん阿克蘇(アクス)以外の都市や街へ行く高速バスも出ています。


また側には南郊客運站酒店(1泊150元程度)や水上公園遊園地があり、商店やネットカフェもあります。水上公園ではフィルムカメラやデジカメのプリントも出来ました。また、遊園地には日本のプリクラもありましたよw


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@阿克蘇(アクス)市内観光旅行。鳥魯木斉(ウルムチ)市の南郊客運站をLOMO Fisheye2で撮影。Panoramioにも掲載しているょ 屋台はほとんどウイグル族 

鳥魯木斉(ウルムチ市)にある長距離バス乗り場南郊客運駅LOMOFisheye2で撮影。Panoramioにも掲載中。この周辺にある屋台はほとんどウイグル族が経営していましたね。


とまとじゅーす的中国旅行記、鳥魯木斉(ウルムチ)市内観光編@南郊客運站側にある水上公園です。清々しい湖と気候 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内観光旅行。LOMO Fisheye2で撮影した水上公園

南郊客運站側にある水上公園の広々とした湖を眺める。LOMO Fisheye2でも水上公園の湖を撮影してみた。


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)市の南郊客運站側にある水上公園の一角 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ市内の水上公園にある遊園地の写真。結構広いです

鳥魯木斉(ウルムチ)市の長距離バス乗り場南郊客運站側にある水上公園の一角。この写真に写っているのは遊園地の一部のみ。思ったよりも結構広い公園なのです。


鳥魯木斉(ウルムチ)市内観光旅行記。ロモのフィッシュアイ2で南郊客運站側にある水上公園を写真撮影。ウイグル族も漢族もいます 

LOMOFisheye2ロモフィッシュアイ2)で南郊客運站側にある水上公園を写真撮影。マンション群と背後の山と青い空が印象的だった。 水上公園では当然の如くウイグル族や漢族が入り混じっていました。


鳥魯木斉(ウルムチ)市内観光旅行編@水上公園で維族(ウイグル族)の烤包子を購入。中身は羊の肉 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)の水上公園で食べた包子はマジで激美味しかった!香ばしさが伝わってくれるかなぁ

維族(ウイグル族)の烤包子。中身は羊肉!肉だけでなく皮まで激美味しかった!香ばしさが伝わってくれるかなぁ・・。


ウルムチ(鳥魯木斉)観光旅行記@水上公園の中の遊園地の歩道。ウイグル族も漢族もいます 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ市内の水上公園の遊園地内の北京オリンピック開催記念のモニュメント

水上公園の中の遊園地の歩道。ウイグル族と漢族が入り混じってる。右は北京オリンピック開催記念のモニュメント。


とまとじゅーす的中国旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)市水上公園にある北京オリンピックのマスコット福娃「貝貝」 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内水上公園の南郊客運站で撮影。羊肉(ラム肉)はウイグル族の料理の主役

ウルムチバスターミナル近くにある水上公園にある北京オリンピックのマスコット(福娃)「貝貝」。プリクラを撮ってバスターミナルへと戻る。そこでウイグル族が羊肉(ラム肉)を焼いていた。羊肉はウイグル族の料理の主役なのです。


ウルムチ(鳥魯木斉)観光旅行記@南郊客運站で露天をしているウイグル族の子供。おじさんは僕を女だと思ってた 

鳥魯木斉(ウルムチ)の長距離バスターミナル南郊客運站(駅)で露店の手伝いをしているウイグル族の子供。 最初、おじさんは僕を女だと思ってたw ここではバナナ以外に何かを買うことはしなかったですね。


とまとじゅーす的中国旅行記@鳥魯木斉(ウルムチ)市内の南、南郊客運站の側は病院や食堂やネットカフェなどが並ぶ 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)市の南郊客運站で暇そうなウイグル族のウイグル料理の食堂の写真

ウルムチ長距離バス乗り場南郊客運駅(站)の側は病院食堂ネットカフェなどがありました。こちらは暇そうなウイグル族経営ののウイグル料理の食堂。出発まで時間があるのでネカフェで小一時間くらい情報収集をしていた。


阿克蘇(アクス)市内観光旅行記@南郊客運站の中で新疆ウイグル(維吾爾)各地へ行くバスを待つ人達 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@阿克蘇(アクス)観光旅行編。いよいよウルムチ(鳥魯木斉)からアクス(阿克蘇)市へ向けて出発

ウルムチ長距離バスターミナル南郊客運站(駅)の中では新疆維吾爾(ウイグル)各地へ観光や帰省、仕事で行く人などがバスの出発を待っていた。 さて、僕らもいよいよ阿克蘇(アクス)観光に向けて高速バスで出発!


ブログランキング&シェア



にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

トップへ戻る

AD広告