新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウルムチ(鳥魯木斉)からタリム盆地
を越えアクス(阿克蘇)へ観光旅行した時の写真や動画、旅行記と情報を掲載!

中国旅行画像サムネイル

中国旅行記@2008 ~新疆ウイグル(維吾爾)自治区、アクス(阿克蘇)市内観光旅行とタリム盆地の砂漠の風景

アクス(阿克蘇)は姑墨(こぼく)国・跋禄迦(ばつろくか)国と称され、都城は南城または撥換(はっかん)城と呼ばれていました。アクスとは姑墨の事で、「白い水」という意味だそうです。

阿克蘇アクス)は毎年天山山脈からの雪解け水が洪水のようにアクス(阿克蘇)市内の枯れた川に流れ込むので、その光景を見学に訪れる観光客が中国の国内外を問わずにいる観光地です。

また、阿克蘇アクス)地区は崑崙山脈天山山脈などの豊かな自然があり、国家森林都市の称号も持っています。

新疆ウイグル(維吾爾)自治区、アクス(阿克蘇)市内観光とタリム盆地の砂漠の風景

庫車や輪台県、庫尓勒、南疆鉄道を走る火車(列車)などの写真も少しだけあります。

※新疆は高速道路が発達してて列車よりも早く目的地につけますょ。


デジカメはSANYOのXacti C4と、Windows Mobile携帯、EMONSTER S11HTを使ってます。


ウルムチからアクス(阿克蘇)へ寝台夜行の高速バスで観光旅行

阿克蘇アクス)へ夜行寝台の高速バスで行った時の写真動画情報、旅行記を掲載しています。途中で立ち寄ったタリム盆地の砂漠の風景など写真も掲載しています。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@ウルムチ(鳥魯木斉)市を抜けてタリム盆地へ。ドイツから輸入した風力発電所がある 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@タリム盆地にある高速道路と天山山脈の一部

鳥魯木斉(ウルムチ)市内を抜けてタリム盆地へと突入!ドイツから輸入した風力発電所が郊外の荒野に立ち並んでいる風景がしばらく続いていた。ふと後ろを振り返ると高速道路と天山山脈の一部、ウルムチの市街地が見えた。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@ウルムチ(鳥魯木斉)郊外にあるウイグル族の家らしき建物 中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@南疆鉄道を走る列車。高速バスよりずっと遅いです

鳥魯木斉ウルムチ)市郊外にあるウイグル族の集落らしき場所を撮影。右は高速道路と並走している南疆鉄道を走る列車。ぶっちゃけ高速道路を走る高速バスよりもずっと遅いのです。でも列車でのんびり行く旅行も捨てがたいですよね。。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@ウルムチを出発して3時間程度で食事休憩 とまとじゅーす的新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@アクス(阿克蘇)市内観光旅行、シルクロードならではのスパゲッティ風の麺料理「ラグ麺」

ウルムチを出発して3時間程度で食事休憩。夜8時過ぎ位。 シルクロードならではのスパゲッティ風の麺料理「ラグ麺」!


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@ウイグル料理のラグ麺拡大! 豚肉とたまねぎ、ピーマンと小さな麺を炒めた麺。シンプルで美味い!日本人好みの味だと思う

ウイグル料理ラグ麺を拡大!豚肉と玉葱、ピーマンと小さな麺を炒めた麺。シンプルで美味い!日本人好みの味だと思う。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@車窓をタリム盆地の火炎山のような禿山の山脈が連なる風景が流れる アクス(阿克蘇)観光旅行編@タリム盆地の荒涼とした風景

車窓を火炎山のような禿山の山脈が連なる風景がしばらく流れて行く・・。さらに進むと今度はタリム盆地の荒涼とした砂漠の風景が広がっていた。 ところで高速道路を走る寝台バスは振動が激しくて文字が書けなかった。。


中国旅行記、阿克蘇(アクス)観光旅行編@タリム盆地の砂漠に所々植物が生えてます 阿克蘇(アクス)観光旅行編@LOMO Fisheye2で車窓から撮影。。タリム盆地のハイコントラストな夜

タリム盆地の砂漠には所々植物が生えてます。LOMO Fisheye2で車窓から撮影したタリム盆地のハイコントラストな夜景。


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@アクス(阿克蘇)観光旅行編。翌朝も火炎山のような岩山が続いていました。タリム盆地の北から北西の風景だと思います

翌朝も火炎山のような岩山が続いていました。寝台はバスの右側にあるので、タリム盆地の北から北西の風景だと思います。やっぱり所々植物も生えていますね。こういう禿げ上がった山を間近に見るのは初めてだ。。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@ウルムチから乗って来た寝台バス

これがウルムチから乗って来た寝台バスの内部。振動でぶれてるけど雰囲気だけどうぞ。


ウルムチから初めての街、アクス(阿克蘇)へ到着!

新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@阿克蘇(アクス)市内観光旅行編。阿克蘇(アクス)には朝の7時過ぎくらいに到着

さて、阿克蘇(アクス)には朝の7時過ぎくらいに到着!意外と速かったです。これからは高速バスの時代だねww


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@アクス(阿克蘇)観光。ウルムチからアクス(阿克蘇)までご苦労様 阿克蘇(アクス)観光旅行編@LOMO Fisheye2 ロモ フィッシュアイ2で寝台バスを撮影。フィルムのトイカメラらしい写真になった

ウルムチからアクス(阿克蘇)までご苦労様! ( ^ω^) LOMO Fisheye2で寝台バスを撮影してみた。バスの振動に耐えていたけど肩や腰が痛いw でも初めて来た場所で意識が風景に行っていたのであまり気にならなかった。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@阿克蘇(アクス)は空気も雰囲気も沿海の都市とはまったく違う 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@アクス(阿克蘇)観光。のどかな風景。新疆ウイグル自治区独特の雰囲気

阿克蘇(アクス)は空気も雰囲気も沿海の都市とはまったく違う。とりあえず、まずは友達の用事で「超英学校」へと行く事になった。タクシーの車窓から撮影したのどかな風景。新疆ウイグル自治区(新疆維吾爾)独特の雰囲気だw


とまとじゅーす的中国旅行記@タリム盆地からアクス(阿克蘇)市内観光。阿克蘇(アクス)にある超英学校。新疆の人は皆、英語を勉強してるのだけど、クレイジーイングリシュ(瘋狂英語)の創始者の李陽も、新疆のウルムチ出身です

阿克蘇 アクスにある超英学校へちょっと来て見た。新疆の人はなぜか皆、英語を勉強してるのだけど、中国で知らない人はいないクレイジーイングリシュ(瘋狂英語)の創始者の李陽も、新疆のウルムチ(鳥魯木斉)出身です。


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@阿克蘇(アクス)は中心部以外はやっぱり田舎 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@阿克蘇(アクス)では至る所でトラックが走ってるけど空気がきれい

アクス(阿克蘇)は中心部以外はやっぱり田舎。道路も全てが完全に舗装されている訳でもない。トラックが走ってるところをLOMOFISHEYE2で撮影してみたけど、空気がきれいだからくっきり写ってますw


とまとじゅーす的中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@阿克蘇(アクス)は自然の観光資源がたくさんある。緑が豊か 中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@こちらはアクス(阿克蘇)の中心街。きれいです

阿克蘇アクス)は自然の観光資源がたくさんあり、緑と水が豊かです。こちらは阿克蘇(アクス)の中心街。きれいですね。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@アクス(阿克蘇市)の中心街で撮影。羊の生肉が吊るされてる

阿克蘇アクス市)の中心街で食堂を撮影。羊の生肉がそのまま吊るされてるww 空気はきれいだけど、なぜかハエがたくさんいるのが気になっていたんだけど、原因はこれか?


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@アクス(阿克蘇)観光旅行。寄り道したので少し遅めの朝食を近くの食堂でとる。豆腐と海苔のスープ 新疆ウイグル自治区観光旅行編@アクス(阿克蘇)観光、阿克蘇国際大酒店へチェックイン。一泊400元で高いけど安心

寄り道したので少し遅めの朝食。アクス観光で初めての食事が豆腐と海苔のスープw 全然ウイグルらしくない朝食でした。 さて、朝食後に阿克蘇国際大酒店へとチェックイン。一泊400元で高いけど安心。


アクス(阿克蘇)観光情報、覚書

国際大酒店ですが、1階に旅行会社があり、各種阿克蘇 アクス地区のツアー旅行を行ってた。阿克蘇アクス)は天山大渓谷亀慈古城など見所がたくさんあり、庫車クチャまで範囲に含まれたツアーもあります。近郊なら100元でお釣が来ます。

※ちなみにホテル国際大酒店のカフェで若い女の店員にナンパされました・・。

が、友達と来てると断って逃げましたww 何事にも危険はつき物、特に上海などと違い知らない土地で自分以外助けてくれる人がいない場所だとどうにもなりません。

蘇州でさえあくどいツアーの客引きが堂々と仕事をしている程なのですから。。
皆さんもくれぐれも注意して旅行して下さい。


アクス(阿克蘇)市内を観光

中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@阿克蘇(アクス)の国際大酒店(ホテル)の側。街路樹とタクシー 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@アクス(阿克蘇)観光、写真屋の側で靴磨きをしていたのを撮影

阿克蘇(アクス)の国際大酒店(ホテル)付近、街路樹とタクシーが並んでる風景。写真屋の側で靴磨きをしていたのを撮影。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@阿克蘇国際大酒店から撮影した阿克蘇(アクス)市内の中心部 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@アクス(阿克蘇)観光、高い建物がちらほらと見えます

アクス(阿克蘇)の国際大酒店から撮影した阿克蘇(アクス)市内の中心部。高い建物がちらほらと見えます。


とまとじゅーす的中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@阿克蘇(アクス)国際大酒店をトイカメラのLOMO Fisheye2 ロモのフィッシュアイ2で撮影

(アクス)阿克蘇国際大酒店の部屋からアクス市内をLOMO Fisheye2で撮影。遠くで雨でも降ってるのかなぁ・・。


とまとじゅーす的中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@アクス(阿克蘇)市内で一目立つテレビの電波塔 新疆ウイグル自治区観光旅行編@アクス(阿克蘇)観光、近くのウイグル族の食堂で夜ご飯

阿克蘇アクス市内で一番目立つテレビの電波塔。エッフェル塔のミニチュアみたいです。服飾店をのぞいたり、本屋をうろちょろしたり、買物や市内を散歩していたら北京時間で夜の10時過ぎ位になったので、ホテル近くのウイグル族の食堂で夜ご飯を食べる事にしました。

友達はアクスの出身だからいろいろなお店を知ってましたねw


阿克蘇(アクス市)の情報

ホテルの周りには服屋、本屋、家電屋、雑貨屋、食堂など何でもあります。ネットカフェももちろん近くにあります。

※パソコンのモニターが25インチ以上の液晶ですごくいいパソコンを使ってました。客はほとんど若い漢族でした。


ちなみに上の食事中の写真に写っている服も、昼間に阿克蘇(アクス)の商店街で購入したものです。
日用品も問題ないレベルです。砂漠の辺鄙な場所にあるのに、商品がたくさん溢れていたのが印象的な街でした。


アクス(阿克蘇)市内観光@バザール他

中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@翌日、阿克蘇(アクス)の中心にある広場や商店街を散歩 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@アクス(阿克蘇)観光、ウイグル文字がウイグル自治区独特の雰囲気を与えてる

翌日、阿克蘇(アクス)の中心街にある広場や商店街を散歩。看板等、至る所にウイグル文字が目に飛び込んでくるけど、そのために味気ない普通の商店街の中にいてもウイグル自治区(維吾爾)独特の雰囲気を感じる事が出来た。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@阿克蘇(アクス)市内にあった香辛料や果実のバザールの一部 新疆ウイグル自治区観光旅行編@アクス(阿克蘇)観光、イスラム教徒の教えを忠実に守ってる女性の写真

阿克蘇(アクス)市内にある、香辛料や果実のバザールの一部。イスラム教徒の教えを忠実に守ってる女性の写真。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@アクス(阿克蘇)のバザールで売っていた西瓜 スイカ! 新疆ウイグルの果実はみずみずしくて美味しい

阿克蘇(アクス)のバザールで売っていた西瓜(スイカ)!新疆ウイグルの果実はみずみずしくて美味しいです。


阿克蘇 アクス市内観光旅行 ~バザール覚書~

阿克蘇(アクス)のバザールで売っている商品を見ていたら、何回か見かけた人がすぐ後ろや側にいたのだけど、このスイカを撮影していた時になにやら鞄が気になり、振り返るとその男が手を引っ込めつつすぐどこかへ歩いて行ったのを目撃!


幸い何も盗まれてなく、かばんのチャックが開いてただけでした。それにしてもウイグル族泥棒率は半端ない!


アクス(阿克蘇)市内観光@名物料理等を食す

中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@アクス(阿克蘇)市内のウイグル族のお店で昼食。これは鳩です 中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@鳩料理は阿克蘇(アクス)の名物料理らしいです

昼食は友達おすすめの阿克蘇(アクス)市内のウイグル族食堂で食べる事に。実はこれは鳩なのです!友人曰く、これがアクス(阿克蘇)の名物料理らしいです。気になる味だけど、柔らかく、それでいてこってりしていて美味しかったです。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@ウイグル族の素麺。あっさりして美味い。水がいいからだと思う 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@アクス(阿克蘇)観光、羊の乳から作ったヨーグルト!幸せ・・清乳が新鮮な証拠

ウイグル族の素麺。あっさりして美味い。水がいいからだと思う。右は羊乳から作ったヨーグルト!幸せ・・清乳が新鮮な証拠。

眉毛のつながったウイグル族の女店員2人がウイグル語でニコニコ話して来たけど、中国語は分からないみたいでした。


また、この辺りのウイグル族の中国語はとても訛ってて、長文になると聞き取るのが難しかったです。それと眉毛をつなげるのはウイグル族の女性の伝統で、話しをする時眉毛で感情を表す事もあるそうです。


新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@阿克蘇(アクス)観光、これは夜ご飯。トマトと卵の炒め物。普通の中華料理です 新疆ウイグル自治区観光旅行編@アクス(阿克蘇)観光、こちらは野菜とイカの炒め物

ホテルに戻り、しばし休憩し、夜ご飯を食す。これはトマトと卵の炒め物。普通の中華料理。こちらは野菜とイカの炒め物。


とまとじゅーす的中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@海草のスープ。これだけたくさん入っていても8元(110円)くらい 中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@米麺(ビーフン)のシンプルな炒め物。水がいいと料理が美味い

海草のスープ。たくさん入ってても8元(110円)! 右は米麺(ビーフン)のシンプルな炒め物。水がいいと料理が美味い。


アクス(阿克蘇)からウルムチ(鳥魯木斉)へ高速バスで出発!

翌日、ゆっくりと観光をする時間がなかったので、阿克蘇(アクス)から鳥魯木斉(ウルムチ)へと寝台バスで戻りました。また来る機会があればじっくりと観光というかツアーに参加したりして旅行がしたいですね。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@列車の時刻と値段を確認に阿克蘇站(アクス駅)へ来ました。50元とか安いけど夜出発で2日くらいかかる 阿克蘇(アクス)@アクス(阿克蘇)観光、やっぱり高速バスが早いので寝台バスで出発。途中休憩時に撮影

さて、列車の時刻と値段を確認にするために阿克蘇站(アクス駅)へとタクシーで来ました。

が、やっぱり高速バスの方が断然早いという事が分かったので、寝台バスで出発する事にしたのです。 タクシーでホテル近くのバスターミナルへ向かうとすぐに出るというウイグル族経営の長距離バスがあったので乗車。

乗車後数時間で休憩になったので撮影。


阿克蘇(アクス)@アクス(阿克蘇)観光、トイカメラのLOMO Fisheye2で撮影。阿克蘇(アクス)地区は結構広いです。そして空気が意外と澄んでいる

休憩中にロモフィッシュアイ2で撮影。阿克蘇(アクス)地区は結構広いです。そして空気が意外と澄んでいるのが印象的だった。休憩中にどこかへ建設資材を運ぶトラックがたくさん通り過ぎて行ってました。


中国旅行記、阿克蘇(アクス)観光旅行編@これはウイグル族ようの寝台バスでした。漢族は数名だけ 新疆ウイグル自治区観光旅行編@阿克蘇(アクス)観光、アクス市(阿克蘇)を抜けた辺りの風景。タリム盆地の砂漠と山脈

ちなみにこの高速バスは、本来はウイグル族専用の寝台バスなので、漢族は数名だけしかいませんでした。まぁ誰もあまり気にしてなかったけど。

発車後、しばらくすると阿克蘇(アクス)市街地を抜けてタリム盆地の砂漠と山脈が続くエリアへ突入!


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@山脈の向こうはアクス(阿克蘇)市内の観光名所があります 中国旅行記、阿克蘇(アクス)観光旅行編@寝台バスの左側なので、また北~北西辺りの景色です

山脈の向こうは阿克蘇(アクス)の観光名所が多数あります。寝台バスの左側なので、また北~北西辺りの景色です。


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@ごつごつしたタリム盆地の岩山。植物がある所は盛り上がってる 中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@岩山と電柱。まだアクス(阿克蘇)地区なんだよね

ごつごつしたタリム盆地の岩山。植物がある所は盛り上がってます。岩山と無造作に建てられてるように見える電柱が延々と続く。だいぶアクスの中心部から離れたけど、ここはまだまだ阿克蘇(アクス)地区の中なのです。


とまとじゅーす的中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@タリム盆地の砂漠の南疆鉄道を颯爽と走る列車

タリム盆地砂漠南疆鉄道を颯爽と走る列車を撮影。鳥魯木斉(ウルムチ)から阿克蘇(アクス)、さらに先まで走っていく列車もあるので、時間があって列車の旅にこだわる人は要チェックです!


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@タリム盆地の南疆鉄道を走る列車。貨物列車っぽい 中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@地平線のかなたまで続く高速道路と砂漠。カリフォルニアみたい

タリム盆地の南疆鉄道を走る列車。貨物列車っぽい。地平線のかなたまで続く高速道路砂漠。カリフォルニア見たいw


中国旅行記、アクス(阿克蘇)観光旅行編@庫車(クチャ)市を超えて輪台県へ到着。夜9時前くらいかな 新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@阿克蘇(アクス)観光、輪台県の休憩所 名前の通り、車のタイヤや車両整備関係の町工場がたくさんある

庫車クチャ)市を超えて輪台県へと到着。北京時間で21時前くらい、新疆時間で18時前位かな。輪台県の名前の通り、車のタイヤや車両整備関係の町工場がたくさんある街なのです。トラッカーズの憩いの場所って感じでしょうか?


とまとじゅーす的中国旅行記@タリム盆地から高速バスで輪台県へ。トイカメラのLOMO Fisheye2で撮影。フィルムならではの風景写真 とまとじゅーす的新疆ウイグル(維吾爾)自治区観光旅行記@輪台県のトイレ。中はハエがたくさんいた

LOMO Fisheye2輪台県の街を撮影。フィルムならではの風景写真。 これはトイレ。中はハエがたくさんいたw


とまとじゅーす的中国旅行記@新疆維吾爾(ウイグル)自治区の輪台県で食事した時の写真。ウイグル族が僕の事ずっと観察してたなぁ

この新疆ウイグル(維吾爾)自治区の輪台県で食事休憩になったので、選択肢がない食堂で食事をする事になった。その時にLomoFisheye2で撮影した写真。ウイグル族が僕の事をずっと観察してたなぁ・・。


とまとじゅーす的中国旅行記@新疆維吾爾(ウイグル)自治区輪台県、ウイグル族のつけ麺、ラグ麺。ピリ辛で美味しいです とまとじゅーす的新疆 維吾爾 ウイグル自治区観光旅行記。輪台県の食堂で食事。手打ちの麺もこしがあって食べ応えがありました

ウイグル族のつけ麺、ラグ麺を食す。ピリ辛で美味しかった。 手打ちの麺もこしがあって食べ応えがありました。

※ ただ、ここのウイグル人のお店はハエが多く、衛生的に不安だったのでお酢でしゃぶしゃぶして食べたよ。。


新疆維吾爾(ウイグル)自治区観光旅行記@輪台県のこの食堂で見たウイグル族の抓飯という炒飯。鍋の底に油たまってる。豪快だな

輪台県のこの食堂で見たウイグル族の抓飯という炒飯。鍋の底に油たまってる。豪快だな・・。ただし、とっても不衛生なので食べるかどうかは見極めが肝心。僕ならこういうご飯は食べない。

なぜなら古い油だったらお腹を下す確率が高いからですw


ブログランキング&シェア



にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

トップへ戻る

AD広告