大連観光、2017年6月18日、大連西山水庫(ダム)へ路面電車を乗り換え、
705路の電動バスで移動し、散歩とタイムラプス撮影した時の写真や動画、旅行記を掲載

中国旅行画像サムネイル

中国旅行記@2017年 ~ 大連観光、日本の残した大連西山水庫(ダム) ~

2017年6月18日の大連観光、1934年3月に完成した大連西山水庫(ダム)まで705路の電動バスに乗って移動し、観光というか散歩&タイムラプス撮影した時の写真動画旅行記を掲載。


大連観光、自然環境がいい大連西山水庫(ダム)を観光

大連西山水庫(ダム)という、大連の重要な水源地へとほぼ電化が完了しているハイブリッドではない100%電動の705路のバスに乗って移動し、まったり散歩&適当なタイムラプス撮影をしてみました。高いバスなのに1元で移動出来る大連交通に感謝です。

日本のインフラぼったくり杉でry)


写真動画はSONYのDSC-QX10Lenovoのスマホ、ZUK Z2 Proを使用して撮影しています。


大連観光、大連西山水庫(ダム)へ行く為202路の路面電車で兴工街(興工街)へ移動

中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)周辺の地図

日曜日も暇じゃないけど暇だったので、大連の貯水池の一つ、日本が残した大連西山水庫(ダム)へフル電動車の705路のバスに乗って散歩&観察に行ってみる事にしました。地図は動画のを使いまわしてますw せっかく中国にいるので、いる間は休日はなるべく引きこもらず旅行や散歩に行きたいと思います。

仕事で来ているとはいえ、心構えはあくまでも旅行の延長線上で、心は常に板橋区にあるのです。


中国旅行記@大連観光、202路の路面電車で兴工街(興工街)へ移動 中国旅行記@大連観光、202路の路面電車で兴工街(興工街)へ移動

藍海星空国際青年旅舎から抜け出して、202路の路面電車と軽軌のあいの子に乗って終点の兴工街(興工街)まで乗り鉄。旅行記適当です♪


中国旅行記@大連観光、202路の路面電車で兴工街(興工街)へ移動 中国旅行記@大連観光、202路の路面電車で兴工街(興工街)へ移動

個人的には興味ないけれど、賑やかな兴工街(興工街)へと到着。ここから705路の電動バスに乗り換えて大連西山水庫(ダム)を目指します。


中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街) 中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)

705路の路線バスは201路の路面電車の発着場所前から出てるのだけど、通った事がない裏道をちょっと散歩してからバス停へ向かう事にした。


中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)にある705路のバス乗り場

705路は「张辛路」が終点のバスと、さらに先にある「棠梨西街」へ行くバスがあります。「西山水庫」(西山水库)で降りるとダムの下流かつ地下鉄がある場所で下車する事になり面白くありません。で、堰が見たければ「盛新园」、いい景色を見たければ今回行った「金家沟」で下車するといいと思います。


中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)で201路の路面電車を撮り鉄 中国旅行記@大連観光、705路の電動バス

棠梨西街」行きの705路のバスが来るまで適当に201路の路面電車や路線バスの車両を撮影。705路はフル電動で音が静かです。


中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)でバス車両を撮影 中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)のバス乗り場

行きかうバスを見て、ミステリーツアー的に行先決めずに適当に乗って風景を見てまったり休日を過ごしたいなぁと思いました。日本と違って交通費1元(約6円)~2元程度と安いから気楽に乗り降り出来るのです。


中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)でバス車両を撮影 中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)で201路の路面電車、DL3000型車両を撮り鉄

あまり見かけないバスの車両もやって来ました。201路のレトロな路面電車の車両ももちろん撮影!


大連西山水庫(ダム)まで705路の電動バスで移動

中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)まで705路の電動バスで移動

さて、目的の「棠梨西街」行きの705路の電動バスが来たので乗車!入り口付近をバッテリーが占有している特徴ある車両の最前面で、観光路線のバスに乗ってる気分で撮影しながら西山水庫へと向かう。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)まで705路の電動バスで移動 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)まで705路の電動バスで移動

バス車内はすごく綺麗。705路のバスには行き先が書かれたプレートが運転席横に置かれてるので、行き先を間違える事はないですね。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)まで705路の電動バスで移動 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)まで705路の電動バスで移動

電動で静かだけど、荒々しい運転と走行が中国らしいですw で、バスの前方から車窓風景を眺めつつ撮影。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)まで705路の電動バスで移動 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)まで705路の電動バスで移動

電動バスが勾配のある坂道を駆け上がり、西山水庫のいい風景が見れる金家沟へと近づいていく。


大連観光、大連西山水庫(ダム)へ到着、まったり散歩&タイムラプス撮影

中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)付近、金家沟

大連の水がめの1つ、西山水庫(ダム)、金家沟へ到着!こういう田舎じゃないけど田舎にあるよう屋根付きののどかな印象のバス停好きです。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)付近、金家沟 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)付近、金家沟

西山水庫ダムに行く前に付近のスーパーで昼飯を買って行く事にし、豆と普段食べない甘いアイスを購入。まぁ半分食べて捨てましたけどね。。因みになぜか砂糖なしの「緑色心情」をほぼ見かけなくなり、この「卵一つ」と書かれた1元のアイスをよく目にするようになりました。残念です。。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)付近、金家沟 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)付近、金家沟

近くには養蜂場もあるようですが、とりあえずダムを目指す。水はコーラがなかったので大連炭酸水を購入!(泣)


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)付近 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)付近

ダムの傍にある看板にはバーベキュー、野外での炊事禁止と書かれています。ってか火気厳禁です。大連は至る所火気厳禁の看板を見かけます。緑豊かなので山火事防止に神経を尖らせているのでしょう。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

西山水庫(ダム)が見えるところに到着!


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム) 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

ぶっちゃけ日差しが強いので晴れた日にこういう開けた場所に来るのは嫌なのだけど、期待通りのいい風景が広がっていました。個人的に雨の日は静かで少女漫画チックに一人感傷に浸りながら散歩出来そうな場所だと思います。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム) 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)でドロイド君が記念撮影

水辺に葦が生い茂っていて緑の葉を波打たせていたのと、対岸に見える眼鏡橋が印象的でした。で、ドロイド君が西山水庫で記念撮影!


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)でZuk Z2 Proで紫外線指数を計測 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

紫外線指数は10.0を計測。日本じゃなかなか見ない数値をずっと見てるの、でもう驚きませんw 因みに10.0は外出を控えようレベルの強さです。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム) 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

とりあえずダムの上流部に見える堰堤へと行ってみる事にした。今回は偵察程度の散歩ですが、雨の日にまた来て周辺を散歩してみようと思います。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム) 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

どこか日本的な風景を見ながら堰堤へと向かう。雷魚?をルアーで釣っている人達がいましたけど、付近のマンション・建物から下水が直に流れ込んでいて水が予想に反してと汚かったので、食べる気にはなれないな‥。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)でパノラマ撮影

大連の金家沟付近から西山水庫(ダム)をパノラマ撮影。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

緑に覆われて自然と調和している堰堤のある場所までやって来ました。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム) 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

堰堤の上は歩いちゃだめで釣りも禁止だと書かれていました。旅行記適当です、詳細は動画見てね♪


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

水が汚いのが残念です。まぁ長江よりは断然綺麗ですけどね。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム) 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

堰堤から上流には行かず、堰堤の上でタイムラプス撮影をする事にしました。座ってまったりと風景を眺めたかったのです。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム) 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

下流のダムの上に位置する、洪水防止目的らしき堰堤の水が流れる場所へと到着。この上でタイムラプス撮影をする事にしました。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)でタイムラプス撮影 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

そろそろGo ProとかSONYのまともなアクションカムが欲しいです。EX5000は頑張ってるけど画質悪いし夜間は画がつぶれて撮影ダメダメですlol


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム) 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

タイムラプス撮影をしている間、付近の風景をまったりと眺める。くどいけど雨の日にまた来たいです。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム) 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

撮影が終わり、下流まで歩くかちと考えた末、買い物とかしたかったので帰路に就く。今回は偵察程度の散歩で終了しました。


中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム) 中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)

遊歩道も整備されてるこのダムには雨の日に来て散歩したい場所になりましたね。で、帰りも705路の電動バスで兴工街へと戻る事にしました。


大連西山水庫(ダム)から兴工街(興工街)へ戻り、黒石礁へ買い出し

中国旅行記@大連観光、大連西山水庫(ダム)から705路の電動バスで大連市内へ戻る

大連西山水庫ダム)、まぁ水庫ダムという意味なので西山ダムと書いてもいいのだけど、以前にも書いたけどSEO対策という物があるので文章とか変えつつ、適当に記載していますw いや実験的にですけどね。帰路に賑やかそうな昔ながらのおろし市場があったので下車するか迷ったけど次回に持ち越す事にしました。


中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)付近 中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)にある靴屋

兴工街興工街)に到着!付近を散歩し、1足しかない皮がはがれてぼろくなりつつある靴の代わりを買おうと思ったけど、欲しいサイズがないので断念。大連で仕事をしているとはいえあくまでも旅行の延長線上の生活だし、部屋も借りれるかよー分からんし不安定だし大連は旅行に来るにはいいけど長く住む場所ではないという認識に至ってるので、必要最低限かつ捨てられる物しか買いたくないのです。

荷物を増やさないで何かあってもすぐ日本に戻れる体制で生活して行きますw 僕の生息地はあくまでも板橋区であって、心も常に板橋区にありますw 漫画見てたから内容先まで知ってるけど、夜TVで進撃の巨人見たいなぁとかイっテQ見たいとか、料理作りたいとかそんな事ばかり考えてます(泣)

まぁ心や気持ちは常に移り変わるものなので、今後どう心変わりするかは分かりませんけどね。


中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)付近 中国旅行記@大連観光、兴工街(興工街)付近

202路の路面電車の車両を撮影。1元で頑張ってくれている大連交通に感謝です。


中国旅行記@大連観光、202路の軽軌、路面電車 中国旅行記@大連観光、202路の軽軌、路面電車

202路の路面電車、軽軌に乗って兴工街(興工街)を後にし、いつもはバスで来る黒石礁まで乗り鉄して来ました。買い出しに来たのです。


中国旅行記@大連観光、202路の軽軌、路面電車 中国旅行記@大連観光、202路の軽軌、路面電車

年季の入った線路です。地下鉄が出来たけど、この路面電車は撤去されないで欲しいですね。まぁ撤去される時が来るとしても、それは僕が既にこの街から離れている時だと思いますけどね。時間は有限なのです。次の場所へ旅立った後板橋区に戻って以前、2012年前と同じゆとりのある生活を送ろうという気持ちでいっぱいです。

思えば2012年にふとしたきっかけで初めて上海に仕事で行ってから、あっという間に中途半端にそろそろ5年になる貴重な時間が過ぎて行きましたからね。2012年の時は漠然と海外で仕事をしようと思っていたけど、それは中国ではなくドイツ旅行から戻ってまもなかったのでドイツや英語圏で仕事がしたかったんですよね。まぁ英語力なさすぎで撃沈したんですけどね。

次はどうなるか分からないけど、中国ではない場所、恐らく新疆~中央アジア~ロシア辺りでしばらく旅行・観光してから戻ると思います。あ、まだ当分大連にはいますので、また旅行・観光に行った際には動画とかうぷします。でゎでゎ♪


大連観光@大連西山水庫(ダム)でタイムラプス撮影

  • 大連観光、大連西山水庫(ダム)でDBPOWERのEX5000で適当にタイムラプス撮影した時の動画
  • 2017年6月18日

    大連観光@大連西山水庫(ダム)でタイムラプス撮影

    2017年6月18日の大連観光大連西山水庫(ダム)でDBPOWERのEX5000で適当にタイムラプス撮影した時の動画です!


大連観光@大連西山水庫(ダム)へ電動バスで行ってみた編

  • 大連観光、大連西山水庫(ダム)へ電動バスで行ってみた時に適当に撮影した時の動画
  • 2017年6月18日

    大連観光@大連西山水庫(ダム)へ電動バスで行ってみた編

    2017年6月18日、大連観光大連西山水庫(ダム)へ705路のフル電動バスで行ってみた時の適当なまとめ動画です!


ブログランキング&シェア



にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

トップへ戻る

AD広告