Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館

西寧の青海省博物館

西寧の青海省博物館

西寧の青海省博物館@2011年

青海省の省都、西寧にある青海省博物館へ行った時の写真動画情報等を掲載しています。

西寧の青海省博物館

西寧青海省の省都で比較的大きな都市です。その中心部にある青海省博物館では、青海省各地で発掘された化石や石器、土器、装飾品に至るまで多岐に渡る展示を行っています。


また、実は青海省には青海湖という中国で一番大きな湖があり、毎年世界各国の自転車好きな人達が参加する自転車レースが開催されているのですが、ちょうどこの時も自転車レースが開かれていて、その関係で自転車関連の展示会も同時開催されていました。



Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@青海省博物館

青海省博物館の正面。1986年に一般公開された比較的新しい博物館だそうです。
青海省史前文明展、青海民族文物、チベット仏教技術展などを中心に、9つのブースがある博物館です。


周りは広場になっていて家族連れで来てる人などもいました。




中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館で開催されていた自転車の展示会 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館で開催されていた自転車の展示会

なんと青海省博物館は当面は無料で解放しているとの事で、タダで入れました。

入り口付近では、青海省のビッグイベントの一つである第十回環湖国際自転車レースの開催と絡めて自転車関連の展示も開かれていました。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館で開催されていた自転車の展示会 Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館で開催されていた自転車の展示会

レース用の自転車を体験出来るブースがあり乗ってみましたけど、かなり重たかったです。また、足を止めてもしばらくはペダルが動き続けていました。
正確な仕組みは分かりませんが、蒸気機関車の車軸の構造に近い物があるのかなと推測。


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館で開催されていた自転車の展示会

実は自転車旅行とか憧れてるので、じっくり見入ってしまったのです。まぁレース用の自転車とはあまり関係ありませんが。


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、江河源文明、つまり源流域に栄えた文明の解説 Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館の説明

さて、ここから青海省博物館の常設ブースです。映像で江河源文明、つまり源流域に栄えた文明の解説等をしていた。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、青海省で発掘された遺跡の地図 中国旅行記@西寧の青海省博物館

青海省各地で発掘された主な遺跡の場所を表した地図。広いですなぁ。。 最初のブースは「化石」でした。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館でみた石器時代の暮らしを再現した模型 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館でみた石器時代の暮らしを再現した模型

化石のブースなのに、なぜか石器時代?当時の青海省に住んでいた人達の暮らしを再現した模型があったww


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、大きい唇のサイの頭蓋骨の化石 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、祖鹿の化石

直訳すると、「大きい唇のサイの頭蓋骨」の化石。中新世だから2500万年前〜533万年前で、上新世(日本語の更新世)は約530〜180万年前です。
右の化石も同年代に生きた鹿のもので、「祖鹿」の名の通り、原始的な鹿だそうです。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、生物の進化を簡単にまとめた系譜図

生物の進化を簡単にまとめた系譜図。視覚的に分かりやすいですね。




中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、カモシカや鹿などの化石 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、カモシカや鹿などの化石

高原に住む羚羊(カモシカ)や鹿の骨の一部などが展示されてた。ちなみに藏羚羊はチベットカモシカで、北京オリンピックのマスコットの1つになってましたね。


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、マンモスの化石 Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、マンモスの化石

こちらは更新世に生きていたマンモスの下顎の化石だそうですが、マンモスは意外と小さいのです。


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、毛のないサイの頭部の化石

更新世に生きていた毛のないサイ、英語名はCoelodonta Antiquitatisというサイの下顎の化石だそうです。


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、中石器時代の研磨器の展示

これは中石器時代に使われていた「研磨器」の展示。何を研磨していたのかまでは書かれてなかった。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、石器の展示の説明 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、石斧や尖った石器

①、②、③の石器斧の一種で、④は「尖った状態の石器」という説明が書かれていた。共に2万3千年前の石器だそうです。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、石器の核 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、石器の欠片

左は2万3千年前の旧石器時代石器の核、右の石器は同時代の石器の欠片という説明書きがありました。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、刮削器(かっさくき) Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、石斧の一種

こちらは物の表面を削る、刮削器(かっさくき)と呼ばれる石器。右はの一種だそうです。
共に海西州小柴达遗址(海西州小柴達木湖遺跡)から発掘されたものだそうです。


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、小さい石器の核 Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、新石器時代の石斧

左は貴南県という場所で発掘された「小さい石器の核」という説明書きがあった6500年前の石器。右は4600~5000年前の新石器時代石斧


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、新石器時代の石斧をHX9Vで撮影

上の石斧の一つをHX9Vでアップで写真撮影してみた。見たままの自然な色で撮れてると思う。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、農具等の石器類 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、スコップかシャベルの石器

これらの石器は約5千年前の農具で、石のスコップシャベル類だそうです。意外と細かいし種類も多いなと思った。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、石器のブレスレット

湯のみかなぁと思ったら、今から約5千年前の石で作られたブレスレットだったのですw


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館。彩文土器の説明 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、曲腹彩陶盆という彩文土器

ここからは「土器」の展示です。説明書きのタイトルを直訳すると、「土を丸めて器にする、器を作る」というような意味で、
展示されていた土器類を見る限り、ほぼ丸い形のデザインで統一されていたと思います。


ちなみに右の写真の土器は「曲腹彩陶盆」と名づけられていた土器。漢字からなんとなく意味が分かると思うw
そういえば陶盆は園芸や食料の保存、家畜の水や餌入れなど、様々な用途に使われていますね。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、彩文土器の展示を見る観光客

彩文土器に見入る観光客らしき人。土器は意外とでかい。また、観覧している人はほとんどいなかった。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、波纹彩陶钵 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、旋纹双鋬钮瓶

左は波纹彩陶钵、右は旋纹双鋬钮瓶と名づけられた彩文土器。漢字で書くとよく分からないかもしれないけど、
左は「波紋の彩文が描かれた鉢(物を入れたり洗面に使う入れ物)」、右は「円の文様と二つの取っ手がある瓶(ビン)」というような意味。
ちなみに「鋬」(pan、aは4声)は「器を持つために作られた部分」、つまり取っ手というような意味で青銅器土器の展示でよく見る表現でした。


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、马家窑(馬家窑)タイプの土器 Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、葫芦纹彩陶壶(ひょうたん文様)の壷

马家窑(馬家窑)タイプの土器という説明書きがある、円と網目文様が特徴の彩文土器。右は葫芦纹彩陶壶(ひょうたん文様の壷)と名づけられた彩文土器
ぶっちゃけここの土器類は仰韶文化以降発展した馬家窑文化土器と、その由来の土器類がほとんどでした。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、漩涡纹彩陶瓮(渦巻き紋様の水、酒などを受ける土器というような意味) 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、半山タイプの彩文土器

漩涡纹彩陶瓮(渦巻き紋様の水、酒などを受ける土器というような意味)という半山タイプ土器。これも马家窑(馬家窑)文化の土器で、末期頃の土器です。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館の館内 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、土器類の展示は豊富

青海省博物館観光客がほとんどいなかったので、ゆっくりと見て回れましたw 土器類の展示は豊富でした。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、四耳彩陶罐という马厂(馬厂)タイプの彩文土器 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、马家窑(馬家窑)文化の土器

四耳彩陶罐と名づけられた、半山タイプを受け継いだ马厂(馬厂)タイプの彩文土器。これも马家窑(馬家窑)文化の土器だそうです。

右の写真十字网纹内彩盘と名づけられた马厂(馬厂)タイプの彩文土器。見た感じ、手書きで練習で作ったような印象を受けたw


でもこの马厂(馬厂)タイプの土器は非対称な紋様などもあり、素人にはなんとも判別しがたいものがある。


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、菱形纹带盖彩陶壶(ひし形紋様で蓋のある壷の彩文土器) 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、涡纹彩陶豆(渦紋様の彩文の食器)と名づけられた彩文土器

左は菱形纹带盖彩陶壶(ひし形紋様で蓋のある壷の彩文土器)。煤けてないから食料などの保存に使ってたのでしょうか?右の彩文土器涡纹彩陶豆(渦紋様の彩文の食器)と名づけられた彩文土器。共に马厂(馬厂)タイプだそうです。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、十字纹双联罐(十字紋様の連結した筒状の入れ物)

马厂(馬厂)タイプの、十字纹双联罐(十字紋様の連結した筒状の入れ物)と名づけれている彩文土器。調味料などを入れていたのでしょうか?


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、彩文土器の展示ブース

彩文土器の展示ブースの様子。すごくシンプル。それにしてもHX9Vの画質にはいまいち納得出来ない。。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、加白弦纹彩陶罐(白を加えた弦紋様の筒状の彩文土器) 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、加白弦纹彩陶罐(白を加えた弦紋様の筒状の彩文土器)の拡大写真

典型的な马家窑(馬家窑)タイプの加白弦纹彩陶罐(白を加えた弦紋様の筒状の彩文土器)と、その取っ手部分の拡大写真。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、三联彩陶壶(三連結した彩文の壷)

三联彩陶壶(三連結した彩文の壷)という、一風変わったデザインの彩文土器。首の部分が持ちやすそうだという印象を受けた。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、青銅器類の展示。鈴や矛、部品類

ここからは青銅器類の展示です。これは青銅製のなどの武器部品の展示でした。

時代も変わって卡约文化という、中国の西北部で発展した青銅器時代の展示になっていました。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、青銅製の戈 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、青銅製の戈

青銅製のなどの展示をアップで撮影。彩文土器を見た後なのでずっしりとした質感がよく感じとれたw


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、青銅製の犬や鏃等の展示

銅製の犬(⑤は犬という説明書きがあったので馬ではないのでしょうw)やなどの展示。


中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館 Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館

なんと、ここで館員が、「もうすぐ閉館だから早く出てください~」


と叫びながら観光客を追い出しにかかるw ここまでで全体の約3分の2を見終わった所でしょうか。残念だけどそそくさと出口を目指して進む。

右は歩きながら撮影した何かの模型。説明書きが見れなかったので何の模型か不明


Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、蒙古族由来の展示? Tomato Juice's 中国観光地・博物館写真館@西寧の青海省博物館、蒙古族由来の展示?

これも説明書きを見たり撮影する間もなかったので詳細不明。ぱっと見た感じだと蒙古族に関する展示みたいでしたけど。


以上で青海省博物館観覧した際の写真や動画、情報などは終了です。ちなみにこの時は入館料無料でした。しばらくは無料で観覧出来る見たいですが、いつまでかは不明です。


広告

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】ハワイのホテル予約
家電&カメラ